Account Core について理解する

Account Core を使用して、Coin Core などの Orb DLT コンポーネントで使用されるアカウントを作成および管理できます。このセクションでは、Account Core を使用するために必要な概念について説明します。

基本的な概念

アカウント

ccount Core の最も基本的な概念は、アカウントの概念です。アカウントとは Orb DLT 内の ID のことです。アカウントにはアカウント ID と名前があります。アカウント ID が一意であることは保証されていますが、アカウント名 が一意であることは保証されていません。アカウント名の有用性については後で説明します。

アカウントの典型的な用途は、1 つまたは複数のアセットの残高を保持することです。たとえば、Coin Core で使用されるアカウントはコインの残高を保持します。

ターゲット

ターゲットは、アカウントの作成時にアカウントに割り当てられるロールまたはラベルです。アカウントは、ターゲットを持たない場合または 1 つ以上のターゲットが割り当てられる場合があります。ターゲット自体は Account Core のコンテキストにおいて意味を持ちません。ターゲットは他の Core アプリケーションで使用するためにのみ存在します。たとえば、Coin Core はターゲットを使用してアカウントがトランザクションに関与する方法を指定します。

高度な概念

親子のアカウント

アカウントを作成するときに、既存のアカウントを新しいアカウントの親として指定することができます。これにより、アカウントの階層構造を作成することができます。

502502

上の図は単純な階層構造のアカウントを示しています。ツリーの各ボックスがアカウントを表します。アカウントはショップアカウントとアプリアカウントに分けられます。アプリアカウントは、さらにクライアントと管理者のアカウントに分けられます。ショップアカウントは、地域、さらには都道府県に分けられます。

子アカウントの名前

子アカウントが作成されると、アカウント名が親アカウントのフルネームにスラッシュ (/) で区切られて追加され、子アカウントのフルネームが作成されます。たとえば、上の図ではアカウント Shop B のフルネームは Accounts/Shops/Kanto/Saitama/Shop B です。

この命名方法は、主に Query Core のアカウントのサブツリー全体を容易に照会するために使用されます。たとえば、関東エリアのすべてのショップについてクエリを実行する場合、部分名 Accounts/Shops/Kanto/* を使用して関東エリアのすべてのショップを指定できます。

親アカウントに対する制限

Account Core は、アカウントの使用方法について特定の制限を設けませんが、他の Core アプリケーションがアカウントを使用するためのメカニズムを提供します。特に、アカウントが子アカウントの親としての資格を持たないようにする機能を提供します。

この機能が実際に使用される例は、コイン残高がゼロ以外のアカウントが子アカウントを持つことを Coin Core が許可しないようにすることです。