Coin Core: 構成と検証

Coin Core は Orb DLT ミドルウェアの Core コンポーネントにおいて重要な役割を果たし、コインエコノミーを定義し、望ましいユースケースに基づいてトランザクションイベントを実行できるプラットフォームを提供します。次のセクションでは、Web ベースの Coin Core configuration tool を使用して Coin Core を構成し、API にアクセスして呼び出しを実行し、ユースケースを検証するプロセスについて説明します。

前提条件

Coin Core の構成プロセスを開始する前に、コインエコノミーの堅牢なモデルとともに、Coin Core とそのアプリケーション層との関係を深く理解することが重要です。下記のいくつかの前提条件が理解に役立つかもしれません。

コインエコノミーのモデリング

コインエコノミーは主に、トランザクションを実行するために Balance modifier をどのように構成するかに基づいています。したがって、ユースケースをサポートするために実行するさまざまな種類のトランザクションをマッピングすることが非常に重要です。

イベントのトランザクションが確実に実行されるようにするには、モディファイアの相互依存関係と制約に従う必要があります。コインエコノミーにおけるトランザクションの正しい振る舞いを明確に文書化して理解しておけば、イベントの矛盾を回避することができます。

Coin Core と Orb DLT の理解

このガイドは、Coin Core について、および Orb DLT プラットフォームにおいて Coin Core が果たす役割について包括的かつ詳細に理解することを目的としています。Audit Core や Account Core などの Orb DLT の他のコンポーネントと組み合わせて使用​​することで、Coin Core の機能をさらに活用することができます。

Orb DLT をプラットフォームとして包括的に理解するには、ユーザーガイド全体を参照することを強くお勧めします。さらに、https://developer.imagine-orb.com にアクセスして、最新情報、その他のユーザーガイド、および API リファレンスガイドを入手できます。

アプリケーション層と Orb DLT の関係を理解する

Orb DLT は本質的には台帳であり、コインエコノミーで実行されるトランザクションを記録、更新、検証するためにアプリケーション層で使用できます。またスケーラビリティ、セキュリティ、および分散という強力な特性を備えています。しかし、Orb DLT は上位アプリケーション層のプリミティブやビジネスワークフローには対応していません。つまり、アプリケーション固有のビジネスプロセス (レポートやクリアランスなど) は、Orb DLT プラットフォームによって定義および実装されません。Orb DLT は単にコイントランザクション情報を記録するために使用される台帳です。

シーケンス図とアーキテクチャ図を使用して、チームはアプリケーションフローのどの部分に Orb DLT を配置するかを決定する必要があります。

Coin Core の構成

Coin Core はいくつかの JSON ファイルを使用して構成されます。

  • coin.json: Coin オブジェクトの構成。
  • target.json: Target オブジェクトの構成。
  • event.json: Event および Balance modifier の構成。

JSON ファイルを手作業で書くことは面倒でエラーが起きやすいので、Coin Core には必要な構成ファイルを生成するための Web ベースのツールが付属しています。このガイドでは、その目的に従って構成ツールを使用しますが、各ステップでは関連する JSON 構成が生成されます。

コインの構成

コインを構成するには、以下の手順に従います。

ステップ 1: Web ブラウザで構成ツールにアクセスします。
ステップ 2: 左側のツールメニューの「Coin」メニュー項目をクリックします。以下の画面が表示されます。

14421442

ステップ 3: 「Coin ID」というテキストフィールドに、コインの名前を入力します。
ステップ 4: コインオブジェクトに有効期間が設定されている場合は、「Expiration Configuration」というラベルのトグルをクリックして有効期限を有効にします。「Start Date」および「End Date」と表示されたフィールドにそれぞれ開始日と終了日を入力します。 有効期間の説明については、「Expiration」を参照してください。
ステップ 5: 発行されたコインが一定期間後に期限切れになるようにするには、希望の存続期間を秒単位で入力します。たとえば、コインが 180 日後に期限切れになるようにするには、15552000 と入力します (180 日 × 24 時間 × 60 分 × 60 秒)になります。

14401440

ステップ 6: 減価の振る舞いを使用してコインを徐々に回収する場合は、「Diminishment Configuration」と表示されたトグルをクリックして減価を有効にしてください。 「Period」、「Reference」、および「Percent」フィールドが表示されます。

14401440

ステップ 7:「Period」フィールドに減価の間隔 (秒) を入力します。
ステップ 8:「Reference」ドロップダウンから希望の残高基準を選択します。
ステップ 9:「Percent」フィールドに、コイン残高を減価する割合を入力します。

これで、Coin オブジェクトが構成され、最終構成が画面の右側の出力ペインに表示されます。構成テキストをコピーするか、「Save」をクリックして、Coin Core で使用する構成を保存します。

🚧

注意

「Save」をクリックすると、4つの .json ファイルをすべて含む zip フォルダがダウンロードされます。

*ターゲットの構成

ターゲットを構成するには、以下の手順に従います。

ステップ 1: Web ブラウザで構成ツールにアクセスします。
ステップ 2: 左側のツールメニューの「Target」メニュー項目をクリックします。
ステップ 3:「Target ID」というテキストフィールドに、ターゲットの名前を入力します。

14381438

プロセスを繰り返して、すべてのターゲットを作成します。
最終的な構成が、画面の右側の出力ペインに表示されます。構成テキストをコピーするか、「Save」をクリックして、Coin Core で使用する構成を保存します。

🚧

注意

「Save」をクリックすると、4つの .json ファイルをすべて含む zip フォルダがダウンロードされます。

イベントの構成

新しいイベントを作成するには、以下の手順に従います。

ステップ 1: Web ブラウザで構成ツールにアクセスします。
ステップ 2: 左側のツールメニューの「Event」メニュー項目をクリックします。
ステップ 3: 「Event ID」というフィールドに、イベント名を記入します。
ステップ 4: 必要に応じて、「Event Description」というフィールドにイベントの簡単な説明を入力します。
ステップ 5: 「Add Modifier」ボタンをクリックして、新しい Balance modifier オブジェクトをイベントに追加します。

必須のプロパティは、modifier ごとに異なります。各 modifier に必須のプロパティの説明については、「Balance modifier」セクションを参照してください。

最終的な構成が、画面の右側の出力ペインに表示されます。構成テキストをコピーするか、「Save」をクリックして、Coin Core で使用する構成を保存します。

🚧

注意

「Save」をクリックすると、4つの .json ファイルをすべて含む zip フォルダがダウンロードされます。

API の理解

Core API は、コイントランザクションの作成、アカウント残高の確認、個々のコイン トランザクションの整合性を検証するための tamper-evidence 情報の要求などのアクションを実行するための RESTful インターフェイスとして提供されます。API へのアクセスは、使用するプログラミング言語で提供されている任意の HTTP クライアントを使用して行うことができます。または Orb によって提供されるクライアントを使用することもできます。これらのクライアントは、Go と Java で利用できます。これらは Core API との対話のために特別に開発されています。詳細については、[https://developer.imagine-orb.com] を参照してください。

API インターフェイスの詳細については、API リファレンスガイドの各エンドポイントの入力と出力の説明を参照してください。API リファレンスガイドは、[https://developer.imagine-orb.com/reference] にあります。

ユースケースの検証

コインエコノミーをサポートする一連の構成ファイルを作成するプロセスを完了したら、システム管理者に配布し、サーバーアプリケーションの実行に備えて正しくインストールする必要があります。システム管理者は、『Orb DLT 操作ガイド』を参照して、ランタイム環境の設定と構成を十分に理解する必要があります。

構成ファイルがインストールされ、Coin Core サーバーによって初期化されたので、いくつかの簡単な API 呼び出しを実行して構成を検証できます。

  • Account Core が提供するアカウントを使用し、「create transaction」エンドポイントを使用して簡単なコイン発行イベントを実行します。
  • 「account balance」エンドポイントにアクセスして、更新されたアカウント残高を検証します。

より複雑なイベントを検証するには、希望のターゲットとして追加のアカウントを使用する必要があります。追加のアカウントを使用して「create transaction」エンドポイントにアクセスすることで、コインエコノミー内でコインがどのように移動するかをより深く理解することができます。新しい構成ファイルを完全に検証するには、構成した各イベントをテストする必要があります。

まとめ

Orb DLT のミドルウェアコンポーネントを提供する Core の重要な部分として、Coin Core は仮想通貨の作成と管理に必要なツールを提供します。通貨は電子マネー、ポイントプログラム、仮想通貨またはその他の新しいユースケースの保存手段として使用することができます。いずれの場合も、Coin Core を使用することで、通貨を個別に発行したり、サードパーティのベンダー経由で発行したり、トランザクションの振る舞いをカスタマイズしたり、エコノミー内でのすべてのトランザクションを報告することができます。

Coin Core は、必要に応じて Account Core および Audit Core とともに使用することができます。これによって、必要な機能や、コインエコノミーで役立つ機能を追加することができます。これらのミドルウェア製品のユーザーガイドは、このガイドと同じ場所にあります。


What’s Next